南野しょこらのサブカルチャーラブ!

主にアニメ、ゲーム の評価、紹介をしたいと思います。 通称しょこラブ!

ウルトラマンネクサス 2004年の特撮

ウルトラマンネクサス 8点(10点満点中)

2004年10月~2005年6月放送

 

ウルトラシリーズ一のシリアスなストーリー、

連続した物語、変身者の交代、
主人公=ウルトラマンではないなど新しい試みの多かった作品。

 

鬱々とした展開(特に序盤)が多い作品ですが、

丁寧かつ毎回続きが気になるようにできていたし
なによりハードな世界観だからこそのしっかりとした熱さがあって大好きです!

 

ウルトラシリーズではほぼ常備なユニーク要素は確かにほとんどなかったけど
それのおかげで余計に3クール目から登場の憐のキャラクターが際立って

姫矢さんに比べ短い期間でも大好きになれたんだと思います!

 

副隊長の態度は序盤の見ていてつらい展開を助長させていたとは思うけど
その考え方にはきちんとした理由があったし

孤門たちと関わっていくことで徐々に
変わっていき好きになれるようにできていました。
隊員の中では孤門、隊長、副隊長はよく目立ってたと

思うけど残りの2人は影が薄かったかな。
(最終回見ると片方はわざとだったのかもしれないけど

 

これも特撮でいうと龍騎とかと同様(いや以上か)に

子供にはどうかなってよく言われる作品ですが
小さい頃見ても僕は好きでした!

 

ただそんな小さい頃でもちょっと序盤馴染めなかった所もあって
それはストーリーや重い展開ではなく序盤から

同じ怪獣が1〜4話連続で登場する所でした。(怪獣好きだったので)

 

あと残念な部分は頑張ってくれたのは分かるけど

話数縮小によってあまりにも駆け足になってしまった最終回は
今までどんなに暗い展開でもじっくりとやってくれていたただけに

余計気になってしまうところです。
展開自体は衝撃的なものと今まで描き続けた絆を結ぶ

最高に熱い展開なだけにやっぱり勿体ないなぁー。
(最終話前の次回予告で一番大事なとこは隠してくれたのは良かったんだけど